旅するねこのブログ旅

【雑記】思い出をありがとう

今週のお題「チョコレート」

 

本日は、世間では、ハッピーバレンタインデー!なんて呼ばれている日でございます。さて、今年も、この日がやって参りました。すっかりチョコレートの日という認識が強い日ですかね。

ハッピーなのか?と思わなくもありませんが、ハッピーな方もいれば、はたまた、違うことを思う方もいるのでしょうね。

そんなバレンタインデーに、今年もチョコレートを頂くことができました。ありがとうございます。

頂いたチョコレートを見てみると「六花亭」の文字が見えて、何だか懐かしく感じました。

 

六花亭とは?

六花亭は、北海道帯広市に本社のある製菓メーカー。北海道のお土産定番として、上位に来るのではないでしょうか。実店舗の方も北海道のみでしょうか。ただ、六花亭のお菓子は、今はどこでも買えますが、ちょっと特別な感じがするお菓子です。

 

六花亭との出会い

初めて北海道を旅した時に、ふと気になって、北海道にある実店舗に立ち寄ったことが、六花亭との出会い。

北海道なんて近場ではないため、飛行機などを使わないとだし、かなり前もって予約とか必要だし、そんな先の予定なんてなかなか決めきれないしと、なかなか行ける場所ではない北海道。そんなこんなで、ようやく行くことのできた時に出会ったお店だったので、よく思い出に残っています。

その時は、函館にある五稜郭に行った時の帰り道。ふと六花亭の看板が気になったことがきっかけ。気なる気持ちと、「亭」と付く名前から躊躇する気持ちと、お店に立ち寄るかどうか、少し悩んだことはよく覚えています。

 

少し悩んだ末、お店の中に入り、綺麗というか、素敵というか、お洒落というか、ちょっと良いお店というイメージが強い印象を覚えています。そして、何を選ぼうか迷いながら、お店の中をクルクル回っていたなあと思い出します。

 

■思い出を大切に

今回は、バレンタインデーで六花亭のチョコレートを頂いたことで、昔の旅の記憶が蘇りましたというお話でした。

旅した時の非日常を味わえる楽しさはもちろんのこと、日常の中でふと旅の思い出に浸れるのも良いなあと再認識しました。

また、旅した時に、その時の思い出を大切にしたいなと思います。