旅するねこのブログ旅

【ガジェット】薄い!軽い!を重視したiPhoneケース

こんにちは。たびねこです。

1番の身近なカメラと言えば、スマートフォンになると思います。しっかりとしたカメラを撮影することは、もちろん楽しいことです。ただ、身近にある頻度が高く、すぐに撮影となると、やはりスマートフォンかなと思います。まあ、状況によって使い分けることが1番でしょうか。

さて、そんなスマートフォンですが、ケースを着けることが多いと思います。スマートフォンを傷から守るなど、ケースを着ける理由は様々あると思います。ただ、スマートフォンだけに限らず、ケースを着けずにそのままの裸状態が、使い易さを含めたデザインとして1番だと思います。特にケースを着けると、ケースの厚みや重さにより、使い勝手がかなり変わってきます。今回は、iPhoneを裸で使いたい、でも傷からも守りたいという希望に合うのではないかというケースに出会ったため、記事にしていこうと思います。

☆薄い!軽い!Frost Air

今回、iPhone用のケースとして購入して使用してみたケースは、CASEFINITEさんのFrost Airになります。

《CASEFINITE Frost Air

「驚くほど薄く、驚くほど軽く」と謳われており、また「iPhone本来の握り心地を確保し余計な厚み極力無くしました」と謳われていることから、期待大で購入しました。

実際に届いたケースを手にしてみると、ケースというある程度の硬さはあるものの、薄い!軽い!というのがファーストインプレッション。iPhoneに装着してみても、裸の状態から違和感なく使用できる持ち心地です。厚み0.8mm、重さ8gという数値ではピンと来ませんが、実際に使用してみると素晴らしいと感じるケースだと思いました。厚さのイメージとしては、iPhoneのボタン類の出っ張りと同じくらいでしょうか。デザインの方も、変にロゴがあるわけでもなく、非常にシンプルで良いです。

iPhoneの背面にあるカメラの出っ張り部分についても、カメラの出っ張りに合わせた形状になっており、それなりにカメラの保護もしてくれそうです。

もちろん、薄いからこそのデメリットもあります。iPhoneを落下させてしまった時などの保護力は無いと思います。さすがに、衝撃保護を求めるのは酷だと思いますが、よく落とす方にとっては注意が必要。iPhoneを傷から守る点で言えば、問題ないと思います。

ややお値段高めかなとは思いますが、ひさしぶりに良いiPhoneのケースに出会えたと思います。CASEFINITEさんのFrost Air、しばらく使っていきたいと思います。また、どこかのタイミングでiPhoneを買い換えるでしょうから、その時も販売してくれていると嬉しいと思います。

☆あとがき

Frost Airのケース本体の話から逸れますが、ケースが梱包されている箱もなかなかの高級感がありますね。少し処分することを躊躇してしまいます。

 

《今回のガジェット》