旅するねこのブログ旅

【カメラ】レンズ交換可能なVLOGカメラがやってきた!

こんにちは。たびねこです。

何気ない日常を切り取る、非日常の光景を切り取る、これらはカメラを楽しむフォトライフの醍醐味だと思います。以前は、カメラによるスチール写真が主でした。そして、それらの写真を投稿したりするメディアも文章によって伝えるブログ(Blog)が主だったと思います。しかし、最近では、YouTubeへ動画を投稿することで収益を得るYouTuberが注目されるようになってきたからでしょうか、VLOG(Video Blog)というジャンルも出てきました。YouTubeでよくVLOGを観たりしますが、動画の方がスチール写真より伝わりやすいし、何より見やすいかなとも思いますね。スチール写真とは違う、少し興味がある分野でもあります。

さて、そんなVLOGにもカメラは必要になるわけですが、7月27日(火)にSONYより新しいVLOGCAM ZV-E10が発表されました。今回は、このVLOGCAM ZV-E10について記事にしていこうと思います。

《VLOGCAM ZV-E10》

f:id:journey-neko:20210801215311j:image

☆VLOGCAMシリーズ

SONYがVLOGCAMとしてはじめて製品をリリースしたのは2020年6月19日に発売のVLOGCAM ZV-1になります。はじめはブラックのモデルのみでしたが、後からホワイトモデルも登場しました。

f:id:journey-neko:20210801215919j:image

同じくSONYからリリースされている高級コンパクトデジタルカメラであるRX100シリーズに近い外観であり、そして、何よりVLOG用のカメラをリリースしたということで注目を集めました。これまでにも動画を撮れるカメラはリリースされていますが、あくまでスチール写真の撮影機能のついでに動画機能もありますという感じでしたが、VLOG用のカメラはあまり無かったため、VLOG用のカメラがリリースされるといった点で、とても気になるカメラでありましたね。もちろん、はじめてのVLOGCAMということで欠点ももちろんあるものの、YouTubeで活躍しているカメラのひとつのように思えます。

☆VLOGCAM ZV-E10

2021年9月17日に発売となるVLOGCAM ZV-E10ですが、最大となる特徴は、レンズ交換式になった点です。

f:id:journey-neko:20210801220942j:image

外観はαシリーズのカメラであるα6400に近いでしょうか。センサーはZV-1より大きくなり、APS-Cサイズになりました。そのため、Eマウントレンズが使用可能であり、用途に合わせて様々なレンズに交換可能になっています。レンズキットはSONYAPS-Cセンサーのカメラではお馴染みのSELP1650(16-50mm、F3.5-5.6)ではありますが、より広角のレンズなど、好きなレンズに交換可能である点は良いですね。ZV-1の時は自撮りするには画角が狭いと言われていましたが、ZV-E10であれば、その欠点を補うことができそうです。

ZV-E10本体の上面のボタン類はZV-1とほぼ同じで、しっかりと動画メインの機能になっているようです。

f:id:journey-neko:20210801222310j:image

ZV-E10背面の方は、ZV-1とほぼ変わらずのボタン類といったところでしょうか。背面液晶はもちろんバリアングル液晶であり、ばっちり自撮りができる液晶画面になっていますね。ボタン類はスチール写真用としてはカスタムボタンが少ない気もしますが、動画用としてはたぶん大丈夫かなというところでしょうか。

f:id:journey-neko:20210801222429j:image
f:id:journey-neko:20210801222434j:image

バッテリーはNP-FW50という少し小さめのバッテリーのようです。実動画撮影で約80分の動画撮影が可能とのこと。このバッテリーの持ちはZV-1の約45分よりは持ちはするのですが、バッテリー持ちの悪さは変わらずの欠点な気もしますね。まあ、本体サイズからひとサイズ大きなバッテリーを積むことができなかったというところでしょうか、少し残念ではあります。まあ、本体サイズが大きくなったり、重たくなったりすると、そもそも持ち歩かないということになってしまうため、仕方ないところではあるのかもしれないです。

ZV-E10の動画撮影は、ZV-1とは違い、4K撮影も可能になったようです。ただ、撮影は4K 30Pまで。4K 60Pはできないようです。4Kの撮影にこだわりがある方にとっては微妙なところかもしれません。

☆まとめ

VLOGCAM ZV-E10は、VLOG用のカメラとして悪くはないと思います。ただ、その良さを活かすためにはレンズが必要であり、そういった意味ではZV-1の方がライト層には良いかもしれません。動画に対してある程度のこだわりがある人向けかもしれませんね。その点で言うと、ZV-1では満足いかずにZV-E10に買い替えと向かわすような順に程よいタイミングで製品を発売していくあたり、SONYの製品ロードマップはうまいなあと思います。まあ、VLOGに興味がある程度であれば、ZV-1でしょうか。もう少し言えば、スマートフォンからはじめるのが良いのかもしれませんね。