旅するねこのブログ旅

【旅】玉造温泉、温泉街に響く下駄の音と夏祭りを楽しむ旅

こんにちは。たびねこです。

今回は玉造温泉の夜をお散歩していきたいと思います。

《前回までの旅はこちら》

長楽園さんからの出発になります。外に出る時に下駄が用意されているので、下駄を履いて散歩に出かけたいと思います。下駄が響かせる音、素敵な音ですね。ただ、下駄で歩くのは苦手です(笑)。

f:id:journey-neko:20220925173245j:image

玉造温泉の温泉街へと繰り出すと、光のアートがありました。この絵はいったい何を表しているのでしょう(笑)。

f:id:journey-neko:20220925173313j:image

さて、玉造温泉の温泉街はと言うと、昼間に見たステージから穏やかな音楽が聞こえてきます。

f:id:journey-neko:20220925173340j:image

川沿いの特設ステージで穏やかで楽しいライブが開催されていますね。どうやら、玉造温泉の夏祭り、タマステージ2022として毎晩お祭りが開催されているとのこと。今年は7/23〜8/31の期間で開催されているようです。夏は毎晩ステージがあるとか、玉造温泉の夏の夜は楽しい夜ですね。

f:id:journey-neko:20220925173404j:image

タマステージではまだまだライブが続いてますが、その音楽を遠くで聴きながら、他の場所もお散歩していこうと思います。

f:id:journey-neko:20220925173428j:image

タマステージから離れて、昼間にお散歩していて気になっていた場所、姫神の湯へとやってきました。

f:id:journey-neko:20220925173504j:image

姫神の湯、きっと素敵なライトアップがされていると思いましたが、やはり良い感じのライトアップがされていますね。優しい光を見ながらの足湯のひととき、とても良いひとときになりそうです。

f:id:journey-neko:20220925173531j:image
f:id:journey-neko:20220925173527j:image

さて、姫神の湯を離れて、他の場所へも行きたいと思います。夏祭りらしく、提灯のライトアップが良いですね。そして、タマステージの裏側を見ながら歩いていきます(笑)。人が多く集まってのステージの雰囲気、何より温泉街の川沿いでのステージの雰囲気、貴重な体験です。

f:id:journey-neko:20220925173621j:image
f:id:journey-neko:20220925173610j:image

さて、姫神の湯からタマステージを通り越して反対側へと歩いていくと、落ち着いた雰囲気の風景になってきますね。賑やかな音が遠くで聴こえはしますが、眺めは静かな風景そのものになっています。賑やかな風景も良いですが、静かな温泉街の風景というのも良いものです。

f:id:journey-neko:20220925173807j:image
f:id:journey-neko:20220925173810j:image
f:id:journey-neko:20220925173723j:image

よく見ると川沿いの足湯で穏やかなひとときを過ごしている方もいますね。静かなな温泉街で、足湯に浸かりながら語らい合うというのも、とても良さそうです。素敵な夜になりそうですね。

f:id:journey-neko:20220925173843j:image
f:id:journey-neko:20220925173856j:image

短い時間ではありましたが、玉造温泉の夜は、とても良い夜になりましたね。穏やかな雰囲気ある温泉街の夜、この先もずっと続いてほしいものです。それでは今回はここまで。

《今回のお写ん歩機材》

《旅の続きはこちら》