旅するねこのブログ旅

【旅】地獄谷、お猿とともに過ごす旅

こんにちは。たびねこです。

渋温泉の温泉街のお写ん歩もひと段落。今回は地獄谷の方へ旅したいと思います。

《前回までの旅はこちら》

地獄谷と言えば、地獄谷野猿公苑ですよね。ぜひかわいいお猿さんたちと出会いたいところです。案内によると地獄谷野猿公苑までは渋温泉の温泉街から2.4kmあるらしいです。まあ、歩けない距離でもないでしょう。それでは出発!

f:id:journey-neko:20220623072138j:image

地獄谷野猿公苑に向かって歩き始めて少々。思いの外、道のりは険しいものでした(笑)。車が通れるように舗装された道とは言え、山道であることが完全に頭から抜け落ちていました。坂道がなかなかヘビィ(笑)。歩いて歩いてようやく半分の案内はなかなかこたえました。

f:id:journey-neko:20220623072215j:image
f:id:journey-neko:20220623072218j:image
f:id:journey-neko:20220623072222j:image

ただの山道から抜けて少し景色がひらけた頃でしょうか。何やら可愛らしい後ろ姿。お猿さんを発見です。さすが野生のお猿さん、過ごしたい場所で日々を過ごしているようですね。

f:id:journey-neko:20220623072301j:image

何だか晴れやかな気分になったため、残りの道のりは軽快に進めそうです。景色がひらけたこともあって、遠くに見える山々の緑が気持ちいいですね。

f:id:journey-neko:20220623072354j:image
f:id:journey-neko:20220623072348j:image
f:id:journey-neko:20220623072351j:image

さて、地獄谷野猿公苑まであと少しのところ。めちゃお猿さん寛いでいる!こんな間近でお猿さんを眺められるのも良いですね。いろいろな方々の協力あってのことなのでしょうが、警戒されたり、襲ってきたりもないので、気持ちよくお猿さんを眺めることができます。あまりにも警戒なく道端に寝転がっているため、逆に横を通り抜けるのに気を遣ってしまいました(笑)。

f:id:journey-neko:20220623072433j:image
f:id:journey-neko:20220623072436j:image
f:id:journey-neko:20220623072439j:image

地獄谷の噴泉の風景。良い眺めですねえ。冬の寒い日とかだと、また格別な風景になるかもしれませんね。

f:id:journey-neko:20220623072525j:image

そして、思わぬ道中の出会いなどで時間がかかりましたが、地獄谷野猿公苑に到着です!この中では、どのようなお猿さんの姿が見られるのかワクワクです。

f:id:journey-neko:20220623072600j:image
f:id:journey-neko:20220623072604j:image

地獄谷野猿公苑の中に入ると、さっそくいろいろなお猿さんの姿を見ることができました。中にはウトウト居眠りしているお猿さんも(笑)。いつの間にか穏やかな陽の光が差し込むようにお天気も回復しましたからね。とても気持ち良さそうです。

f:id:journey-neko:20220623072638j:image
f:id:journey-neko:20220623072636j:image
f:id:journey-neko:20220623072632j:image

ちびっ子のお猿さんは元気に動き回っていますね。元気に遊び回る姿が見られて良いですね。早すぎて追いきれませんが(笑)。

f:id:journey-neko:20220623072706j:image

地獄谷の温泉の周りにもお猿さんたちの姿がありますね。さすがに、この季節では温泉に入ることはありませんね(笑)。それでも、日中はこうやって山から降りてきて地獄谷野猿公苑に遊びにやってくるので、お猿さんたちにとっては魅力的な場所なのでしょうね。

f:id:journey-neko:20220623072727j:image
f:id:journey-neko:20220623072725j:image

と思っていたら、お猿さんが温泉で遊び始めました。これは良い瞬間に立ち会えたかもしれません。それにしても、お猿さん、かわいいなあ。

f:id:journey-neko:20220623072811j:image
f:id:journey-neko:20220623072820j:image
f:id:journey-neko:20220623072817j:image
f:id:journey-neko:20220623072814j:image

地獄谷野猿公苑の中は広い場所ではありませんが、いろいろなお猿さんたちの姿を眺めることができて良いひとときでした。お猿さんたち、ありがとう。さよなら。

f:id:journey-neko:20220623072933j:image
f:id:journey-neko:20220623072930j:image
f:id:journey-neko:20220623072939j:image
f:id:journey-neko:20220623072942j:image
f:id:journey-neko:20220623072936j:image

さて、それでは再び温泉街の方に帰ろうと思います。帰りは上林温泉の方に向かって帰ろうかな。渋温泉の方向の道は、行きの道のりに苦労した記憶が蘇ってもういいかなと(笑)。上林温泉への道は舗装されておらず、やや不安になる道のりではありました。ただ、また違った景色を眺めながらの道のりではあるため、これはこれで良かったかな。

f:id:journey-neko:20220623073034j:image
f:id:journey-neko:20220623073037j:image
f:id:journey-neko:20220623073030j:image
f:id:journey-neko:20220623073024j:image
f:id:journey-neko:20220623073027j:image

それでは、今回の旅はここまで。

《今回のお写ん歩機材》

《旅の続きはこちら》