旅するねこのブログ旅

【カメラ】G Masterレンズに50mm単焦点レンズが登場

こんにちは。たびねこです。

3月17日(水)にSONYさんから、新しい単焦点レンズであるFE50F12GMが発表されました。予約は3月23日(火)から、そして、発売は4月23日(金)になります。価格は約28万円になるようです。

f:id:journey-neko:20210320185542j:image

■レンズランク

FE50F12GMのレンズブランドと言うのでしょうか、G MasterというSONYさんのフルサイズミラーレスレンズの中でも最高ランクのレンズになります。GMレンズとも呼ばれますね。細かい性能はさておき、GMレンズということで、写りの良さは間違いないのでしょう。(その分価格もとんでもなものです(笑))

■画角・F値

FE50F12GMの焦点距離単焦点レンズであるため50mm固定です。ただ標準レンズと呼ばれる人の視野角に近い画角であるため、見たままのものが撮れるという点では使いやすいと思います。最近はスマートフォンで写真を撮ることも多くなっていることから、スマートフォンの28mm程度の画角と比較すると、ずいぶんと狭く感じるかもしれません。

以前に単焦点レンズ50mmを1本で旅したことありますが、意外に何とかなるものです。広く写したい時は離れる、大きく写したい時は近づく、というように撮りたいものに合わせて自分が動くというのも楽しいものです。自分が動くことで、新しい発見もあったりしますしね。

FE50F12GMのF値はF1.2です。ずいぶんと明るいレンズですね。GMレンズとしても初のF値になるそうです。実際に使用したことがないF値であるため、開放で撮影した感じは分かりませんが、サンプルを見る限り、フォーカスが合っている箇所から少しでも焦点距離がずれると、見事にぼけるようですね。しかも、ぼけ方がとても綺麗に見えます。最短撮影距離が0.4m、最大撮影倍率が0.17倍と、マクロ撮影はできないようですが、物撮りが楽しそうです。

■持ち運びやすさ

FE50F12GMは小型・軽量の部類に入るそうです。公式サイトの画像を見ると手のひらより少し大きいサイズ感のように見えるため、確かに小さそうです。重量は778g、フルサイズミラーレス用のレンズであるため、ある程度大きさになるから軽量なのかもしれませんが、少し重いかもしれませんね。撒き餌レンズと言われるFE50F18Fが186g、神レンズと言われるFE55F18Zが281g、こうやって他のSONYさんのレンズと比較すると、やはり重いかもしれないですね。

■まとめ

新しく発表されたSONYさんのGMレンズであるFE50F12GMを簡単にまとめてきたわけですが、さすがに購入は見送りです。憧れのGMレンズであるため、使用してみたい気持ちはものすごくあるのですが、価格に付いていけず(笑)。

ただ、良いレンズであることは間違いないと思うため、いつかは使用したいな。